今こそ、#イマデキ

今だからできることを見つけた人。新しいことにトライしようとする人。「#イマデキ」な人が、増えているようです。これまでとちがう生活。仕事、学校、遊びのはじまり。変化じゃなくて、進化にしましょう。前よりもっと、いい世界にしましょう。みんなで力を合わせれば、きっとできる。さあ!今こそ、#イマデキ 今だからできることを見つけた人。新しいことにトライしようとする人。「#イマデキ」な人が、増えているようです。これまでとちがう生活。仕事、学校、遊びのはじまり。変化じゃなくて、進化にしましょう。前よりもっと、いい世界にしましょう。みんなで力を合わせれば、きっとできる。さあ!今こそ、#イマデキ

「#イマデキ」な高校野球
応援動画が完成!

朝日新聞社は、第97回全国高等学校野球選手権大会(2015年)から
“現役高校生が高校球児を応援するCM”で大会を盛り上げてきました。
「大会が中止になった今年こそ、熱い応援を球児たちに届けたい」
限られた環境の中で、精一杯の想いを込めた動画が完成。
箕面高校ダンス部、市立尼崎高校吹奏楽部、そして朝日新聞社が贈る
「#イマデキ高校野球応援動画」です。
朝日新聞×#イマデキ 朝日新聞がお届けする、様々な#イマデキはこちらから!

メッセージ メッセージ

Play
#おうちでイマデキ
2020.04.24#おうちでイマデキ「笑顔」篇 TVCM15秒─ 歌手 和田アキ子さんに、今の想いを語っていただきました ─
Play
#イマデキとは
2020.04.16#イマデキ「はじめよう」篇TVCM15秒─ 「#イマデキ」からあなたへ伝えたいメッセージです ─
2020.05.01#イマデキ「ゴールデン・ウィーク」篇
新聞広告─ 今年らしいGWをみんなで楽しみましょう ─

「#イマデキ」とは 「#イマデキ」とは

新型コロナウイルスによって世の中が厳しい状況であっても、⼀⼈ひとりがその時々の「今だからこそできる取り組み」=「#イマデキ」を⾒つけ、前向きな気持ちで毎日を過ごせるようになってほしい。そんな願いを込めて、業種の壁を越え、さまざまな企業とメディアが一つになり、関西から活動をスタートしました。すこしずつでも世の中を明るく変えてゆけるように、世界中の「#イマデキ」な事例を発信し、パートナー企業自ら「#イマデキ」な取り組みを実施していきます。 新型コロナウイルスによって世の中が厳しい状況であっても、⼀⼈ひとりがその時々の「今だからこそできる取り組み」=「#イマデキ」を⾒つけ、前向きな気持ちで毎日を過ごせるようになってほしい。そんな願いを込めて、業種の壁を越え、さまざまな企業とメディアが一つになり、関西から活動をスタートしました。すこしずつでも世の中を明るく変えてゆけるように、世界中の「#イマデキ」な事例を発信し、パートナー企業自ら「#イマデキ」な取り組みを実施していきます。

パートナー パートナー

2020年8月6日現在

わたしたちは「#イマデキ」の活動を通して、世の中を応援しつづけます。わたしたちは「#イマデキ」の活動を通して、世の中を応援しつづけます。